音楽科オーケストラと吹奏楽が音楽人生の両輪

吉永 陽一 先生
取材班:
先生の今後の目標、夢などをお聞かせください。
吉永先生:
そうですね。この世界に足を踏み留めておれる限り音楽をやり続けたいと思います。それから夢の話をする上で是非聞いてもらいたいことがあります。それはこれまで吹奏楽以外にもう一つ夢を追い求めてきたものがあります。それは前にも触れましたが、出来たての県西音楽科、そしてそのオーケストラを全国に知れ渡るまで育てる夢を実現しようとここまでやってきました。20数年経った現在、その夢が叶ったと思っています。だから僕には定期演奏会をはじめ様々な演奏会を通じて、生徒の育成に関わってきたという自負があります。吹奏楽部と音楽科オケ、それらは僕の音楽人生の両輪です。オケを育てる、吹奏楽部を育てる、その両方を育てるということを常に夢に持ち続けて来たことが、県西が成長したという評価にも繋がったのだと思います。音楽科だけが育ってもダメ、吹奏楽部だけが育ってもダメなんです。音楽科、吹奏楽部その両方にたまたま僕は関わりを持ち、その結果が今の県西だと思います。そして県西を巣立った卒業生が国の内外の著名オーケストラやソリストとして活躍する音楽家、大学教授、公務員、自営業と、様々な職業につき、皆がしっかりと自分の人生を切り開き、新しい時代を担ってくれていることは嬉しいことです。
取材班:
音楽科と吹奏楽部、指導面においてだいぶ違いはございますか。
吉永先生:
違いがあって当然。これまでその違いに応じた指導を行ってきました。そしてそれぞれの違いを相互の指導に生かしてきました。音楽科の生徒は専門家を目指す教育を受けてますから、今日一回練習して明日本番みたいな、まるでプロのノリの世界です。一方、吹奏楽部の子らには時間さえかけてやれば音楽科が真似しようとしても出来ない演奏をやってくれますよ。そしてそれぞれで活動する生徒たちが互いによい刺激を与え合っています。そして音楽科オケにも吹奏楽部にも夢が夢に終わるのではなく実現する力を生み出せるよう仕向けるのが教師の仕事だと思っています。また夢なんですけど、嬉しいことにこの前、音楽科が初めて県立芸術文化センターの小ホールで卒業演奏会をやったんです。あのホールは新しくてとても音響がいい。しかし大ホールは器が大きすぎてここの音楽科の規模ではまだまだあれを使うところまではいかない。でもいつの日か大ホールで音楽科オケや吹奏楽部の成長を喜び、期待に胸を膨らませた満員のお客さんを前にして定期演奏会を開きたいですね。
取材班:
長時間のインタビューにご協力いただき、ありがとうございました。