音楽をしたいという気持ちが大切。

音楽室での練習風景

音楽室での練習風景

取材班:
先生は生徒を指導するにあたり、どのような点に気をつけていらっしゃいますか?
松井先生:
前回の「Theインタビュー~時代の音を奏でる指導者たち~」に登場された吉永先生は、出来るだけ生徒のそばに居ることが大切だと話されてましたが、僕は出来るだけ生徒から遠くに居たいって思っているんですよ。生徒のペースで、生徒の考えで部活を運営してくださいって。だから練習のことにしてもそうやし、「今日何時からどうしよう」とかの段取りのことについても出来るだけ生徒に任せる。ただ、僕なりに自分の枠は持ってるつもりなんですよ。生徒から見ると、それは遠い地平線の先にあるのかも知れませんけど。だから生徒には僕のことは遠慮なく、自分達のペースで、自分達の考えで出来るだけやって欲しいんですよ。僕の思いとしてはそれがあるんだけど、実際にはなかなか難しいこともありますけどね。それでも僕は生徒をあんまり怒らへんのですわ。よく部長からは「先生もっと怒ってください」とか言われるんやけど、僕はあんまりね。まぁその代わり部長が恐いですから(笑)。
取材班:
教育という枠の中での吹奏楽については、先生はどうお考えですか?
松井先生:
吹奏楽を通して、例えば人格形成をするとか、人間を磨くとかってよく言いますよね。確かにそういう考え方はあるんやけど、僕はね、根本的にその考え方は嫌なんですよ。やっぱり本筋はね、そんなもんやなしに吹奏楽をしたいから部活をする、こっちの方が大事やと思うんです。確かに世の中何でもそうやけど、したいことをするためには、したくないこともしないといけない。僕はよく生徒に「その鯛焼きのあんこ食べたいんやったら、嫌でも外側を食べとかんと。あんこだけ食べたらお腹こわすやろ」、そんな風に言います。やっぱり音楽をしたいという純粋な心がまずは有りきです。
その一方で学校の中で音楽をするためには、やっぱりクリアすべき事はクリアしとかんとあかんと思います。例えば自分の勉強の成績がすごく悪くなると部活をやっとれんし、周りの人に迷惑をかけるようなことがあれば、それも部活をやっとれんことになる。だから、好きな部活をするためには掃除もしとかなあかんし、服装もきちっとしとかなあかん。それが出来ていない生徒には「でもそれは、あなたがやりたいことをするためには必要なことなんやで」って言います。正直僕の考え方はちょっとうがった考え方で、教育者としてはこの考え方はどうかなと思うところもあるんですけどね。