我がコンクール人生。

内海 伸晃 先生

プール学院中・高等学校
吹奏楽部 顧問
(2008年6月26日現在)

取材班:
最初に先生の小学・中学・高校時代の吹奏楽人生についてお話しいただけますか?
内海先生:
僕は大阪市立中浜小学校出身で、小学5年生の時に「MBSこども音楽コンクール」の全国大会に出場し『「白鳥の湖」より「スペインの踊り」(チャイコフスキー作曲)』で全国制覇したことがあるんですよ。その時の担当楽器はベースで、先生は植島先生でした。その先生の練習法は変わっていて、生徒を並ばせていきなり「よーい、ドン!」って言うんですよ。そしてスタートが遅いと「見てみろ、だからお前はアインザッツ(フレーズの出だし)が遅いんや」って。ええ~って感じでしょ(笑)。それとか「三拍子は回転せなあかん...ジャンジャカジャンジャンジャンジャン♪ジャンジャカジャンジャンジャンジャン♪(手をぐるぐる回す)」って子どもに説明するんですよ。その当時はなんか訳のわからん練習をする先生やなと思っていましたが、今考えたら小学生の時にすごいことを教えてもらっていたなと思います。
それと、小学生にして「コンクールとはこういうもんや」とか、コンクールに対する心構えや向かう気持ちであるとか、それが人生でどんな意味を持つかなど、コンクールというものを頭に植え付けられた気がします。だから僕はコンクールが今でも大好きで、僕の人生でコンクールは避けて通れないものだと思っています。  中学は、今では吹奏楽の名門校である大阪市立城陽中学校出身で、それも第1期生にあたります。吹奏楽部に入部すると引き続きベースを担当しました。しかし小学校時代の経験があまりにも強烈だったので、正直なところ中学の部活はめっちゃだるかったです。でも他にすることも無かったんで3年間続けました。当然コンクールの結果も優良賞(今で言う銀賞)止まりで、吹奏楽の実力としては全然話になりませんでしたね。中学2年生の時には「僕、もう伴奏でブンブンばっかり弾くのは嫌です。なんかメロディーを吹く楽器に変えてください。」と先生に言ってベースからクラリネットに変えてもらいました。
中学を卒業すると大阪府立港高等学校に入学し、吹奏楽部に入部しました。でもそのクラブはちょうど同好会から部に昇格したばかりで人数も少なく、コンクールに出られるような状態ではありませんでした。じゃあ高校3年間僕は何をやっていたかと言うと、オーケストラにも興味があり大阪市ユースオーケストラにわりと練習に行っていたんですよ。それと高校生ながらに母校である大阪市立城陽中学校吹奏楽部の指導をしていました。