Vol.2 和歌山県立向陽中・高等学校 吹奏楽部
部長やパートリーダーがいないバンド

今回「Close-up The BAND」でご紹介するのは、和歌山県屈指の名門、和歌山県立向陽中・高等学校吹奏楽部。同部は和歌山県吹奏楽コンクールにおいて過去25年間で22度も金賞・県代表・関西吹奏楽コンクール出場を果たしており、関西吹奏楽コンクールでは過去に金賞を3回・銀賞を15回・銅賞を4回受賞している。また昨年は第8回全日本高等学校吹奏楽大会in横浜において「ヤマハ賞」も受賞している。このように輝かしい成績を残す県立向陽高等学校は、一方で県内有数の進学校でもある。まさに「吹奏楽と勉強をがんばる」文武両道の彼らである。
この吹奏楽部では昨年度より併設の向陽中学校の生徒を部員に迎え、高校生と中学生で一つの吹奏楽部を構成するという珍しいバンド形態が取られている。このことは向陽ブラスの特徴と言えよう。しかしこの部にはそれ以外に他ではあまり聞くことのない驚くべき事実がある。それはなんと、この部にはパートをまとめるパートリーダーが存在しないということだ。それどころか部長すら存在しない。つまり部内をまとめる役職が存在しないのだ。それは何故だろうか?この一見型破りにも見えるこの部の体制の裏には、吹奏楽部顧問である湯川昌彦先生の「固定観念にとらわれない独自の教育論」がうかがえる。私達取材班はその教育論を紐解くことで、県立向陽中・高等学校の強さの秘密に迫る。

【2007年6月2日 取材】

和歌山県立向陽中・高等学校 吹奏楽部