キーワード(2) プロを招いての定期演奏会

定期演奏会

次に取り上げるのは、県立向陽中・高等学校吹奏楽部の定期演奏会である。この定期演奏会、公立高校の演奏会にもかかわらず、ここ数年プロの演奏家が客演で参加している。高校の定期演奏会にプロの演奏家が参加するということだけでも驚きだが、その顔ぶれがこれまたスゴイ!の一言だ。一部その顔ぶれを紹介すると、
・須川展也氏(サックス奏者、東京佼成ウインドオーケストラ)
・田中靖人氏(サックス奏者、東京佼成ウインドオーケストラ)
・エリック・ミヤシロ氏(トランペット奏者、フリー)
・呉信一氏(トロンボーン奏者、サイトウ・キネン・オーケストラ)
・外園祥一郎氏(ユーフォニアム奏者、航空自衛隊航空中央音楽隊)
・唐川修三氏(チューバ奏者、大阪フィルハーモニー交響楽団)  他
このように多彩で豪華なプロの演奏家との共演が実現したのも、ひとえに湯川先生の吹奏楽への熱い想いと人脈があったからこそ。今後も様々なゲストの参加を予定しているという。部員のみんなもプロと共演できる定期演奏会を毎回楽しみにしていると話す。
「プロの演奏は本当にスゴイ!の一言で、毎回感動します。ましてプロと共演できるなんてとても光栄ですよ。そのことをよく行く楽器店の店員さんに話したら、『えっ、あの人と!?』ってすごく驚かれました。」
著名なプロの演奏家との共演は部員達にいろんな意味で刺激を与え、この貴重な経験が一人ひとりの音楽への意識を高めているに違いない。向陽高校、恐るべし。