ユーフォニアム

「ユーフォニアムのやわらかい音が好き」とピッタリ息を合わせて答えてくれた高1&高2のユーフォコンビ。この楽器の面白いところをたずねると、「中低音がメインの金管楽器にも関わらず曲を合わせるパートのバリエーションが豊富なこと。メロディだったらトランペットと一緒だったり、伴奏だったらテナーサックスと一緒だったりとかしますね」と話してくれました。また、この楽器の難しいところをたずねると、「難しいところは、同じ旋律を演奏している他の楽器に合わせて音のイメージを変化させること。瞬時にその都度音のイメージを変えていければいいなと思っています」としっかりした答え。パート練習でも音のイメージをふくらませることを大事にしているとのこと。また「苦手なのは高い音。また早い動きは指をブワァ~ッとまわさないといけなかったりしますから大変ですね。タンギングをラッパに揃えたりするのもしんどいですね~(笑)。よく高音はトランペットと一緒になっているので」と苦労話も聞かせてくれました。この部のいいところは「先輩がすごく親切でやさしいし、パート間を超えてどんな先輩でも教えてくれるところや、先生が一人ひとりの性格や体調に合わせて指導してくれるところ」と終始笑顔で話す二人。この部の温かさと強さが伝わってきました。

ぼくらのバンドへようこそ