トランペット担当 高校3年生 南尾君

南尾君

和歌山県立向陽中・高等学校吹奏楽部の

「Best of Brassさん」に選ばれたのは、

トランペット担当で高校3年生の南尾君。

取材班がインタビューしました。

取材班:
まずは、部員のみんなから選ばれた率直な感想をお聞かせください。
南尾君:
びっくりしました。なぜ自分が選ばれたのかはよく分かりませんが...。
取材班:
南尾君を選ぶにあたって部員のみんなから一番多く寄せられた意見は、「インパクトがある」「演奏が上手い」という意見でしたよ。先生は「あいつは上手いけど、気弱いところもあるからなあ」と言われてましたが...(笑)。
南尾君がトランペットを選んだキッカケは何ですか?
南尾君:
僕は小学2年生の時に転校したんですが、転校先の小学校では全校生徒で音楽をやっており、その中にトランペットを吹いている生徒がいました。その生徒の姿を見て「自分もトランペットをやってみたい」という気持ちになりましたが、「肺活量が必要だから」という理由で、小学校の先生からは小学4年生になるまでトランペットは我慢するように言われました。時を経てようやく小学4年生になりましたが、また以前在籍した小学校へ転校することとなり、結局小学生時代にはトランペットを吹く機会はありませんでした。でも吹きたいという想いはずっと心の中にあったので、中学生になるとすぐにブラスバンド部に入部し、やっと念願のトランペットを手にする事ができました。
取材班:
トランペットの難しいところはどんなところですか?
南尾君:
フレーズを切る所はバシッと切るところ...ですかね。曲のイメージにそぐわない演奏にならないように常に心掛けています。
取材班:
トランペットを吹いていて"嫌だな"と思う時はありますか?
南尾君:
怒られる時です。
取材班:
高3の今でも怒られる事があるんですね(笑)。
南尾君:
はい、ありますね。
取材班:
ちなみに、トランペット以外にやりたいと思う楽器はありますか?
南尾君:
あります。トロンボーンはカッコイイと思いますね。
取材班:
先生と話をすることは多いですか?
南尾君:
はい、結構あります。
取材班:
南尾君の中での先生のイメージはどんな感じですか?
南尾君:
普段は気を遣ってなさそうに見えて、実は僕達にとても気を遣ってくれている優しいイメージですね。
取材班:
高3生の南尾君にはクラブを引っ張っていくという面においても先生からの期待は大きいと思いますが、具体的にこうしていきたいという考えはお持ちですか。
南尾君:
部内の雰囲気が昨年と比べて少しおとなしい感がありますので、より活発で元気のあるクラブにしていきたいです。
取材班:
今年の高1生に望むことはありますか?
南尾君:
吹奏楽を楽しんで欲しいですね。そのためにも楽器を好きになってもらいたいと思います。
取材班:
向陽の部員として何か気を付けていることはありますか?
南尾君:
何を行うにしても、人に指示するより前にまず自らが率先して行動を起こしていくことですかね。
取材班:
具体的に何か率先して動かれている事はありますか?
南尾君:
楽器を積み込む時などは自分からどんどん動いていこうと心掛けています。特に重い物は女子には大変ですからね。
取材班:
この部には部長やパートリーダーがいませんが、そのことについてはどう思われますか?
南尾君:
一人ひとりが自立するためにはいいことだと思います。
取材班:
いないことで困ったことはないですか?
南尾君:
大会で表彰される時に、誰が表彰台に上がるのかを決める時は迷いますね(笑)。
取材班:
それは生徒達の間で決めるんですか?
南尾君:
基本はそうですね。でもどうしても困った時は先生に判断を仰ぐこともあります。
取材班:
向陽中・高等学校吹奏楽部には高校生が約70名、中学生が約20名の合計約90名の部員がいますが、この人数はどう思いますか?
南尾君:
今ぐらいがちょうどいいですね。
取材班:
トランペットの人数はどうですか?
南尾君:
トランペットは正直もう少し人数が欲しいですね。トランペットの中でさらに細かくパートに分かれている曲などでは、人数的にしんどい時もありますから。
取材班:
後輩の指導で何か工夫されていることはありますか?
南尾君:
特に変わったことはありませんが、しいて言えば、自分が持っているプロのトランペット奏者のCDを聴かせてあげたりしてますね。
取材班:
向陽中・高等学校吹奏楽部の定期演奏会では、プロ奏者を招いて一緒に演奏されていますが、やっぱり刺激を受けますか?
南尾君:
はい。すごい人なので、とにかく緊張します。
取材班:
個人的にレッスンを受けたいプロ奏者はいますか?
南尾君:
僕が高1生の時に定期演奏会の客演で来ていただいた、トランペット奏者のエリック・ミヤシロ氏です。実はちょうど定期演奏会当日に東京で地震があり、エリック氏の乗る電車が遅れてしまったんです。結局エリック氏は本番直前に会場に入られたので、僕はエリック氏から十分な指導を受けることができなかったんですよ...。
取材班:
それは残念でしたね。エリック・ミヤシロ氏のCDもお持ちなんですか?
南尾君:
はい。もちろん持っています。
取材班:
話は変わって勉強についてですが、部活との両立はできていますか?
南尾君:
...(笑)。やるにはやろうと思ってはいるんですけどね。
取材班:
もう高3生ということは、コンクールが終わったらすぐに頑張らないといけませんね。
南尾君:
ハハハ(笑)。
取材班:
高校最後の年になりますが、南尾君の今年の目標を教えてください。
南尾君:
やっぱり昨年よりはコンクールの成績を落としたくはありませんね。もちろん関西大会での金賞を目指しています。
取材班:
存在感抜群で、みんなから"ジャイアン"と慕われる南尾君。彼の楽器を愛する気持ち、吹奏楽へのひたむきな気持ちが取材を通して私達にも伝わってきました。また部長のいない中、常にクラブ全体のことを考えながら自ら率先して行動を起こす彼の姿勢こそ、和歌山県立向陽中・高等学校吹奏楽部に培われている「自立」の精神であり、彼のそんな頼りがいのあるところが部員のみんなから支持を受けたのでしょう。今年の夏で高校での部活動を引退する南尾君。課題曲のマーチ、難しい自由曲、強豪校の台頭など、昨年以上に今年のコンクールはハードだと思いますが、大舞台で彼の放つ熱意が最高のサウンドとなって鳴り響くことを私達も楽しみにしています。