Vol.3 兵庫県立農業高等学校 吹奏楽部
兵庫県吹奏楽コンクールの1日を密着取材

今回の「Close-up The Band」に登場するのは、兵庫県立農業高等学校吹奏楽部。創設100年以上の歴史を持つこの学校は「農業」と名の付く通り、「農業科」「園芸科」「畜産科」をはじめ「生物工学科」といったバイオテクノロジーの分野まで、個性あふれる8学科からなる県内でも最大級の農業学校である。教室での授業以外にも農作業等の「総合実習」があり、実地体験を行なうことで活きた技能と知識を学ぶ実践的な授業カリキュラムが組まれている。また毎年11月23日の勤労感謝の日に行われる「県農祭」では、その日のために生徒達が手塩に掛けて育てた新鮮な野菜や草花等の農作物、畜産科の生徒達が用意した牛乳・卵等の食料品が即売所で販売され人気を博している。高校の文化祭にもかかわらず毎年1万人前後の人々が押し寄せるほどの盛況ぶりだ。  そんな農業高校ならではの一種独特な環境の中、実習で鍛えられた自慢の体力と、生命と触れ合う中で育まれた豊かな感受性を武器に、明るく元気に活動を続けている県立農業高等学校吹奏楽部の生徒達。顧問の合田先生の熱心な指導が実り、ここ数年で着実に力を付けてきた今注目の吹奏楽部の一つだ。今年7月に行なわれた兵庫県吹奏楽コンクールの東播地区大会では、深みのある表現と息の合った演奏で見事金賞を受賞。昨年に引き続き2年連続で県大会への切符を勝ち取った。
今回私達取材スタッフは、コンクールにかける先生や生徒達の熱い思いを伝えるべく、コンクール県大会当日の彼らの1日を追った。

【2007年8月9日 取材】