兵庫県吹奏楽コンクール県大会 直前インタビュー ~部長・副部長編~

【2007年8月5日 日曜日】

部長・副部長

部長  一角さん:クラリネット(高校3年生)

副部長 吉本さん:ホルン(高校3年生)

副部長 宮本さん:トランペット(高校3年生)

取材班:
まずは、去る7月27日(金)に開催された兵庫県吹奏楽コンクール東播地区大会での金賞受賞並びに県大会出場おめでとうございます。今の率直な気持ちをお聞かせください。
一角さん:
素直に嬉しいと思います。
取材班:
県立農業高等学校吹奏楽部は、兵庫県吹奏楽コンクール高校A部門としては昨年初めて県大会への出場を果たされたわけですが、今年はどんな思いでこの東播地区大会に臨まれましたか?
一角さん:
私達の演奏技術は周りと比べてもそんなに高い方ではないので、とにかく気持ちを前に出して、自分達の「県農サウンド」を観客や審査員にいい形で届くように心掛けました。
取材班:
金賞という結果から見ると、東播地区大会では自分達の「県農サウンド」が観客や審査員に届いたと言えるのではないですか?
吉本さん:
そうですね。でもコンクール県大会ではもっともっと「県農サウンド」を出していきたいなと思っています。
取材班:
東播地区大会当日、自分達の演奏が終わってから成績発表までの間、どんな気持ちで過ごしましたか?
宮本さん:
実は私、本番中に少し間違えてしまったんです。おまけに他校の演奏がすごい上手だったので、正直「もしかしたら、県大会出場は今回ちょっとムリかも」と思ったりもしました。だから、とにかく祈るような気持ちでした。
取材班:
昨年のコンクールの演奏と比べて今年の演奏はどうでしたか?
部長・副部長
一角さん:
今年は今年で昨年とは全く違うサウンドに出来上がったと思うので、あまり比較は出来ないですね。
取材班:
部員数は何名ですか?
一角さん:
現在は40名です。そのうち男子は3名ですね。
取材班:
農業高校と言えば男子が多いイメージがあったのですが、意外と少ないんですね。学校全体としても女子の方が人数が多いのですか?
一角さん:
多いですね。
取材班:
ちなみに吹奏楽部にいる男子3名は何の楽器を担当されていますか?
一角さん:
トランペットと、トロンボーンと、コントラバスです。
取材班:
少子化の影響で多くの吹奏楽部が男子不足に悩まされていますが、県立農業高等学校吹奏楽部では男子が少なくて困ることはありますか?音量の面では特に小さいということもなく、あんまり問題はないように見えますが・・・。
一角さん:
やっぱり、楽器を運ぶ時に男手が多いと助かるなと思います。(笑)
取材班:
自分達から見て、県立農業高等学校吹奏楽部はどんなクラブだと思いますか?
一角さん:
一言で言えば、部員同士がとても仲のいいクラブだと思います。もちろん敬語なんかは当たり前に使いますけど、でも先輩後輩の垣根を超えて全員がすごく仲がいいって感じですね。みんなが「お互いに励ましあいながら頑張っていこう!」っていう気持ちを持っていると思います。
部長・副部長
宮本さん:
一角さんと一緒の意見なんですけど、パート内で練習している時でも先輩だとか後輩だとかは関係なく意見を言い合えるので、すごくいい関係が出来ていると思います。
吉本さん:
うちの学校は、放課後に農作業や実験の「総合実習」が行なわれることが多いんですよ。そのため、クラブの練習時間にみんなが揃わないこともよくあることなんです。それでもお互いに迷惑がかからないように、部員同士で必ず連絡は取り合っています。だから、チームワークは取れていると思いますよ。それと実習しているだけあって、みんな体力には自信があります。(笑)
取材班:
今年のコンクールの自由曲『歌劇「トスカ」より』についてお尋ねします。曲目はどうやって決めましたか?
一角さん:
先生と生徒で「どんな曲をやりたいか」を話し合い、何曲か候補を挙げた上で、最終的には合田先生に決めていただきました。
取材班:
ちなみに他にはどんな曲が候補に挙がっていたんですか?
宮本さん:
喜歌劇「こうもり」セレクション(J.シュトラウスⅡ世作曲)とかですね。
一角さん:
最初は合田先生も「『歌劇「トスカ」』は難しい曲だからひとまず置いておこう」って言われてたんですけど・・・。
取材班:
最終的にその難しい曲に決まったわけですね。実際に演奏してみてどんな感想を持ちましたか?
部長・副部長
一角さん:
「オペラの曲ならではの表現の仕方が難しい曲だなぁ」って思いました。
取材班:
実際にビデオ等で『歌劇「トスカ」』のオペラは見られましたか?
一角さん:
はい。中には「総合実習」で見れない生徒もいましたけど、それ以外のみんなでビデオを見ました。
取材班:
オペラの曲は他のジャンルのクラシック曲に比べて、どういうところが違うと感じますか?
一角さん:
楽譜だけを見たら他のジャンルのクラシック曲と変わらないように見えますが、でも実際に演奏してみると、オペラの曲の場合、一つ一つの音にすごい力があるのがよくわかるんです。それをどこまで深く表現できるかがオペラの曲の面白さだと思いますし、それが難しいところだと思います。
取材班:
金管パートの方は実際に『歌劇「トスカ」より』を演奏してみてどんな感想を持ちましたか?まずホルンの吉本さんからお願いします。
部長・副部長
吉本さん:
ホルンの場合、最初、曲中の変化の大きさに驚きました。例えばメロディーを吹いていると思ったらいきなり伴奏に変わったりするケースもあったりするので、そういうところの表現の仕方には苦労しました。でも逆にそこが自分達の表現のしがいのあるところだとも言えますけどね。コンクール県大会まで残りわずかですが、今からでも出来る限り研究したいと思います。
取材班:
続いてトランペットの宮本さん、お願いします。
宮本さん:
トランペットの場合も、曲中の音の変化が多いのにびっくりしました。高い音を吹いた後、すぐに低い音を吹くような箇所がいっぱいあるんで、そういうところがすごく吹きにくいっていうのはあります。だけど『歌劇「トスカ」』をビデオで見た時、すごい鳥肌が立つ程の感動があったんですよ。だから、そんなすごい曲を演奏出来るんだから「私も頑張らないと!」って思っています。まだまだ曲自体に圧倒される感はありますが、9日のコンクール県大会本番に「いい演奏が出来たらいいな!」って思います。
取材班:
課題曲Ⅳマーチ「ブルースカイ」についても、合田先生が決められたんですか? 3人: はい、そうです。
取材班:
マーチ「ブルースカイ」を演奏した感想をお聞かせください。
一角さん:
この曲はクラリネットの旋律がすごく多いんです。マーチなのでもちろんテンポが遅れてはいけないっていうのもあるし、メロディーだからもっと表現していかなければいけないっていうのもあるんで、すごく難しいです。
取材班:
トランペットはどんな感じですか?
宮本さん:
マーチ「ブルースカイ」はどの箇所を吹くにしても基礎が出来ていないと難しいなって思います。また、曲の最後の方は休みがなく吹きっ放しで、結構口も疲れてくるんで大変です。
取材班:
マーチ「ブルースカイ」で、バンド全体として一番気を付けないといけないところはどこですか?
一角さん:
やっぱりテンポですね。テンポが前に行き過ぎても後ろに行き過ぎてもいけない。同じテンポを持続していくことがこの曲の難しいところです。
取材班:
コンクール県大会本番ではどんな演奏をしたいですか?
一角さん:
「県農サウンド」が響く演奏がしたいです。
吉本さん:
何かこう「わっ!」と気持ちが前に出ているような演奏がしたいです。
部長・副部長
宮本さん:
技術を表現でカバーしたような演奏がしたいですね。
取材班:
兵庫県吹奏楽コンクール県大会でのあなた達の目標をお聞かせください。
一角さん:
やっぱり目標は「金賞」を受賞することです。
取材班:
コンクール県大会の出場校で注目している学校はありますか?
一角さん:
やっぱり同じ地区で県大会の金賞常連校である県立明石北高等学校や県立明石南高等学校は気になりますね。
取材班:
元々、県立農業高等学校へは吹奏楽をやりたいと思って入学されたんですか?
部長・副部長
一角さん:
私はそうです。合田先生の下で吹奏楽をやりたいと思い、この学校に入学しました。中学1年生の時に地区の合同演奏会で一度だけ合田先生の指導を受けたことがあって、その時に「すごい先生だなぁ」って感動したんです。先生は覚えていないと思いますけど。(笑)
取材班:
あなた達にとって合田先生はどんな先生ですか?
宮本さん:
生徒思いの熱い先生です。
吉本さん:
私達の事をよく考えてくれているし、相談にもいっぱい乗ってくれる頼りがいのある先生です。
一角さん:
やっぱりすごく熱い先生だと思います。それと、例えば「そこはちゃんと直さなあかんで」っていう具合に、私達のことを考えて駄目な時はきちんと怒ってくれる尊敬出来る先生です。
取材班:
素敵な先生ですね。ところでさっきチューニングや全体練習を見させてもらった時、生徒達が積極的に手を挙げて意見を言い合っていましたけど、あれは昔から行なっているのですか?
吉本さん:
私達の代から始めました。
一角さん:
今のような形で練習を行なうようになってからは、みんなが周りの音をよく聴き、頭で考えながら音を出すようになりました。そうすると驚くことに、以前と音が全然違うんですよ。
取材班:
それはすごいですね。話は変わりますが、3人はクラブの部長・副部長ですが、今まで苦労したことを教えてください。
一角さん:
昨年のコンクールの後、多くの3年生の先輩方が引退されました。私が部長になった時には部員数は14名ほどしかいなかったんです。秋の演奏会では、部員数が少ないんで楽器の運搬には苦労しました。それ以外にも人数面でいろいろな苦労があったので、今年の春に1年生がいっぱい入部してくれた時は本当に嬉しかったですね。
部長・副部長
吉本さん:
人数が少ない分、人にいい音楽を聴かせるためにはみんなの心が一つにまとまる必要がありましたが、先輩方が抜けてしばらくは部内がごちゃごちゃしていたため、副部長になって最初の頃はみんなをまとめるのに苦労しました。でもそんな苦労の末に生まれたメンバーとの絆があったからこそ、こうやってコンクール県大会に出場出来るまで気持ちが盛り上がってこれたんじゃないかなと思っています。
宮本さん:
部長・副部長 私も他の2人と一緒なんですが、その他のことで言えば、今年の3月まで部員の数が少なかったのに4月に急に現在の40名にまで増えたんで、部員をまとめるのに苦労しました。2・3年生合わせても14名、対1年生は26名。それでも2・3年生は一人ひとりの後輩の面倒を見ていかないといけないんで、なかなか大変でしたね。
取材班:
今年の春にたくさんの1年生が入部されましたが、新入部員を集めるために何か策を講じたりしましたか?
吉本さん:
新入部員募集のチラシをみんなで配ったり、積極的に部活を公開したりしました。
取材班:
ここにいる3人は今年でクラブを引退しますが、後輩達に「これからはこんな県農吹奏楽部にしていって欲しい」という希望はありますか?
一角さん:
今よりも多くの人に県農吹奏楽部の音楽を聴いてもらえるように、活動を続けて欲しいと思います。
吉本さん:
部員数の少ない所から段々と人数が増えていってるんで、この調子でもう少し部員を集めて欲しいなと思います。また、たくさんの人々に県農のことを知ってもらえるような活動を積極的に行なってもらえたらと思います。
宮本さん:
私達のいいところは受け継いでもらいたいですし、悪いところは改善して、もっともっと県農らしい吹奏楽を聴かせて欲しいと思います。
取材班:
最後に高校を卒業しても、吹奏楽を続けていきたいと思いますか?
一角さん:
大学になっても社会人になっても、続けていきたいと思います。
取材班:
コンクール県大会本番まで、あと4日。私達も応援していますので、暑いですが最後まで頑張ってください。取材へのご協力ありがとうございました。
部長・副部長