キーワード(1) 「吹奏楽部をつくらせて!」と校長室で直談判!?

吹奏楽部をつくらせて!

思わず「なぜ今までなかったんだろう」と首をかしげるほど、吹奏楽の活発な地域にありながら雲雀丘学園に吹奏楽部がなかったことに、まず私たちは意外な印象を受ける。昨年6月にようやく念願叶って吹奏楽同好会が発足したが、そこに至るまでには長い時間がかかったという。 学校は閑静な住宅街に位置するため、生徒たちが勉強するには恵まれた環境ではあるが、一方、閑静であるがゆえに楽器を吹くことがはばかられる環境でもあり、今までなかなか吹奏楽部の実現には至らなかった。

吹奏楽部をつくらせて!

しかし、学校で唯一の音楽教師である岡崎先生のもとには、以前から生徒による吹奏楽部設立を求める声が寄せられていたという。ある時、吹奏楽部設立を求める数名の生徒達が校長室をたずね、校長先生に吹奏楽部切望の想いを直接伝えた。その後地道な努力を重ねてより多くの部員を集め、そして昨年5月、教員の協力、保護者の応援のもと、 生徒の想いがついに先生たちの心を動かし、職員会議にて吹奏楽同好会としての活動が承認された。ようやく、この雲雀丘学園中・高等学校にブラスバンドが誕生したのである。