Vol.6 早稲田摂陵高等学校 ウィンドバンド
吹奏楽の歴史を背負う音楽隊

今回「Close-up The BAND」で紹介するのは、大阪の茨木市にある早稲田摂陵高等学校ウィンドバンド。吹奏楽では馴染みのない学校名だが、昨年まで「向陽台高等学校ウィンドバンド」という名前だった、と聞けばお分かりになる方も多いことだろう。
吹奏楽のパイオニアとして50年前に創立された「阪急少年音楽隊」の伝統とサウンドを継承する歴史あるこのバンドは、今春から早稲田摂陵高等学校ウィンドバンドとして新たな一歩を踏み出した。

早稲田摂陵高等学校ウィンドバンドは、「普通科吹奏楽コース」に在籍する生徒全員(1学年30名までの少人数教育)で構成されており、「音楽で躍動と感動を!」を合い言葉に生徒達は日々練習に励んでいる。
伝統と実力を併せ持つ人気バンドだけに様々な行事に招待されることも多く、演奏機会もかなり多い。ブラスエキスポ、3000人の吹奏楽、吹奏楽コンクール、マーチングコンテスト、全日本高校吹奏楽大会、定期演奏会、その他招待演奏など、年間を通じての演奏機会は実に約40ステージにも及ぶ。さらに演奏プログラムはそのステージ毎に変更するというのだから驚きだ。
また、定期演奏会は毎年ザ・シンフォニーホールで行われ、いつも満員の観客で埋め尽くされる。
年間の演奏スケジュールについて、多くの方から学校にも問い合わせがあるそうだ。このように子どもからお年寄りまで幅広い年齢層に愛される、早稲田摂陵高等学校ウィンドバンドの魅力に迫る。

【2009年8月19日 取材】

早稲田摂陵高等学校 ウィンドバンド