キーワード(5) 挑戦し続ける前向きな姿勢

箕面自由学園には「クラブ選抜コース」があり、吹奏楽部も強化クラブに指定されているためクラブ推薦入試制度がある。当然部員にもそのコースで入学してきた者はいるが、コースに関わらず皆が分け隔てなく練習に取り組んでいる。吹奏楽部は箕面自由学園が誇るクラブチーム「GOLDEN BEARS」としての活躍も多く、年間を通して様々なイベントに参加している。また、毎年3年生のキャプテンが年間の練習課題を1つ決め、同じく3年の各パートリーダーが中心となって全員でそれに取り組んでいる(ちなみに今年は「音程」である)。先輩後輩の上下関係だけでなく、同学年の横のつながりも大切にしながら、毎年少しずつ全体のレベルアップを図っているのだ。「練習が大変な時もありますが、でも好きだからこそ妥協したくない。」「全力でやりきるからこそ、演奏が終った瞬間のお客さんからの拍手が本当に嬉しくて...達成感があります。」「定期演奏会の出し物は自分たちで案を出せば採用されたりするので、やっていて楽しいしやりがいもあります。」自ら考えて自ら練習する。様々なイベントで客席を湧かせるパフォーマンスの舞台裏では、妥協しない音楽への挑戦が日々繰り広げられているのだ。